住宅メーカー紹介・不動産仲介なら株式会社マドリル|東京都中央区

住宅メーカー紹介・不動産仲介のことなら株式会社マドリルにお任せください。

ホームスタッフブログ ≫ “実例から学ぶ” ⑨ ≫

“実例から学ぶ” ⑨

こんにちわ。

前回予告させていただいた「収納について」書きたいと思います。

弊社は注文住宅を検討されている方への土地売買仲介が多く、
様々な建築図面を見ることがありますが、
その中で皆さまに推奨するポイントをお伝えします。

1つ目は、上部収納です。
実際に生活していると、壁際の天井って何も使うことがありません。
テレビの上や、ベッドの上など、空いていることが多く、
そこに収納があるだけで重宝します。
 

2つ目は、クローゼットの奥行きです。
通常の奥行きは910mm(壁芯)ですが、実際に洋服を掛けると余りが出ます。
部屋が大きければ気にすることではありませんが、子供部屋など小さめの空間ですと、
ベッドの置き方に影響が出たりしますので、
追加費用がかからなければ、750~800mmが良いと思います。

分かりやすい例として、参考に2つ書かせていただきましたが、
洗面所などの収納も日用品を置くことを考えて、浅い方が使いやすい等、さまざまあります。

ご参考にしていただければ幸いです。

細井 達良

●次回の “実例から学ぶ” シリーズは「マンションと戸建の大きな違い」です。

2020年06月12日 16:46

モバイルサイト

株式会社マドリルスマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら